SEOについて

seo

 

 

こんにちわ、今回の記事のSEOについて。

 

飲食ボーイが急にSEO

家に帰ればITボーイなんですよ…一応。。

 

その前にSEOって何!?

【 Search Engine Optimization 】 の頭文字を取ってSEOといいます。

直訳すると、検索エンジン最適化 ・サーチエンジン最適化

 

世間一般的に言うならば

「自分のサイトを上位に持っていくこと」

と言った方が良いかもしれませんね。

 

よく、友人やお客様から

「三木君 ウチのSEO対策ってどうしたらイイやろうか?」

と今でも聞かれます。

 

僕が学生の頃は、

「適当に立ち上げられたblogや怪しい何も意味のないwebサイトへのリンク」

が主流でした。

これはどーいう事かといいますと、

サイトをリンクされまくったら上位に来る!

という雑な対策です。

でもこの時代はコレでよかったのです。

※リンクとは:「詳しくはこちらまで!とURLを張って紹介などしてくれる よく見るアレです」

 

しかし、googleの検索システムは高度なテクノロジーや人口機能を取り入れて、

その行為は「スパム」とみなされます。

※スパムとみなされた場合半永久的に検索にあなたのサイトは表示されません。お気をつけ下さい。

 

1年半前くらいでしょうか。

SEO業者がウチに来ました。

驚きましたね。

このスパム行為を200万円程で提示されました。

 

「エェエェエエエーーーー!!!」

って叫び、

営業の方へこう言いました。

 

「コレってスパムって知ってる?」

 

答えが

「はい、知ってます(泣)」

 

「こんなん売っちゃダメじゃないかぁーー!!」

って苦笑で突っ込むと

その後はなぜか、彼の悩み相談になったというオチでした。

彼も相当罪悪感があったのは事実です。

 

意味のあるサイトへの外部リンクは現在もSEOとして効果はありますが、

この本職の彼も認めるくらいの事なので、無駄な外部リンクは控えてくださいね。

 

じゃぁあ三木君!今のSEO対策を教えてくれよ!

 

まぁ僕のSEO研究者ではないので、「答え」は知りません。

いや、むしろ答えはありません。

 

が、私の経験上 コレは確かに上位に上がる!事例があります。

 

①CMSを利用する。

→コンテンツマネージメントシステム。

このサイトでも利用しているwordpressやMTなど。

PHPの知識が少々いりますが、理由を挙げるとマニアックなので今回は控えておきます。

余談:昨今メタキーワードの効力は落ちたという報告が入っております。

 

②サイトのタイトルに合ったコンテンツや記事を更新する

→例えば、アパレル関係のサイトでしたら、

「アパレル」やその分野に関するカルチャー(メイクやヘアーメイク、エステなど)についてのコンテンツやblogを更新すること。

 

③直帰率を減らして回遊させるユーザーを増やす

→仮に「不動産」というキーワードを打てば1位に御社のサイトが来るとします。

でもユーザー達は「あ、このサイトちゃうわ」と思い、すぐにウィンドウを閉じたり、戻るの画面に行き、

御社のサイトから2秒以内に立ち去ることを「直帰」と言います。

 

いかに、この直帰を減らすか・・・。

当然直帰率が高くなればなるほど検索順位は下がります。

 

反対に、興味を抱き沢山記事を見てもらう事が大事です。

御社のサイトを回遊して頂くのです。

 

回遊率が上がれば順位は上がります。

 

やはり、美容室などのサイトで一番見られるページは、

「料金」「スタッフ」のページがダントツですね。

また「実績のギャラリーページ」を採用しているサイトも上記に並んで多いです。

 

お客様は「いくら払えば どんな人に どんな風に Cut(カラー、パーマ)してくれるのだろう」という心理だと考えられます。 

 

④リンクを張ってもらう。

おいおい!

それはダメって言ったじゃないか!

つって。

質の悪いリンクはダメなんですよ・・・。

業者にお願いして100~1000サイトくらいにリンクを張ってもらう。

なんてのはダメよ。

 

じゃあ質の良いサイトって?

大きく出れば、

  1. yahoo JAPAN ニュース
  2. 芸能人のblog(ペニオクは大問題になっちゃったね・・・)
  3. ウィキペデイア

とか。

規模を小さくいえば、

  1. 友人のblog
  2. お客様(法人)などのサイトのニュースページ
  3. パンフレットなどの印刷物からの直接検索

など。

これも地味ですが、効果はありますよ!

 

最後に5つ目。

SNSとの連携。

 

これは今が旬ですね!

 

このSNSとの連携を語ると長くなるので、またITカテゴリーでの次回で詳しくお話致します!

 

若干長くなりましたが、

最後まで読んでくれてありがとう!!

 

私もSEO研究者ではないので、実体験や同業者との情報交換で仕入れた情報のみとなります!

もし、「三木君甘いな、SEOはね、、こーなんだよ!」というご意見ございましたら、

ご教授頂けたらと願います!

どうぞ宜しくお願い致します。

 

【追伸】

私が制作した「固定ページ」のみ(blogページなし)のサイトは

検索順位は最悪です。

やっぱり、更新システムを入れたサイトが確実にイイですね!

 

 

 

 

一風堂

iltupuudou

 

 

先日、この一風堂の本を読みました。

著者は別の会津さんという方が河原社長にインタビューや付き添いなどをしてまとめた本です。

 

スラスラと読めて、内容が理解しやすい本でした。

この本は僕は捨てないと思います。

 

実は、昔レストランで勤務していた頃、

兵庫県西宮市の一風堂に仕事終わりよく行きました。

 

当時、ホールやドリンクの仕事をしておりまして、

職業柄かホールの声や表情などを見てしまうクセがあったのです。

 

その一風堂のスタッフは何せ「元気・笑顔・よく気付く」の

一声でいえば「感じの良い店員が多い」

という印象を受けました。

 

ちなみにトイレは広くてキレイです。

 

仕事で落ち込みまくっていた僕は正直

「クソ、、、オレはラーメン屋以下かよ」

と思いやられるお店だったのです。

 

結論から申し上げると、

今まで見下していたラーメン屋がなぜサービスがしっかりしているかはこの本に記載されております。

 

今はどうなっているか分かりませんが、

何せスタッフ同士が仲が良くて

(別に雑談し合って盛り上がっているという意味じゃないですよ!)

連携が上手くいっている印象が強い。

 

そして、大阪に引越してよく堀江店に行きます。

(歩いて5分)

 

実は、そのお店も西宮店でも同じように

感じがイイ。

何せ、どっちの店も死ぬほどお客さんが来るのに、

「いつもありがとうございます!またのお越しお待ちしております!!」

と言ってレジが終わっても早歩きで扉を開けてくれて

「ありがとうございました!」

と言ってくれる。

 

それらの「真実」も記載されております。

気になる人は買って読んでみて下さい。

 

また、海外で絶対に勝負してやる!

と決めている僕にとって、

上海での失敗とニューヨークでの成功の事項も記載されております。

 

一風堂のファンとして、

数々のストーリーを理解した上で

また来店すると違った角度で楽しめたりもします。

 

ちなみに昨日の晩御飯は一風堂でした。

 

一風堂 河原成美

「凡人が天才に勝つ方法」

会津泰成 著   集英社

 

Happy Birthday マミちゃん!!

happybirthdaymamichan

タイトル通り、

普段は苗字でしか呼ばない数少ない心の友、、

マミちゃんが誕生日になり、

遠隔から出来ることといえば、プレートを書くことしか出来なかったので!!

(花束とか郵送で贈るバブル時代みたいなことして欲しかった??)

 

店が終わって、閉店2分前にLifeに入ってチョコペンを購入し、

気付いたらさっきまで寝てた・・・。

 

おぅ!プレートを描かなきゃ!

と寝癖で描きました・・・。

 

クオリティは寝起きってことで許してね!(言い訳ね!)

 

 

ってことで、あえて歳は言いませんが・・・

素敵な1年にして下さい!

 

最近は中々会えないけど、

遠くから気にはしてますんで!

 

涼しくなったら、

アウトレット行こう!

 

Happy Birthday Mami Chan!!

 

 

初blog!!

archives_1

初の個人サイトでblogを更新しています!

ぅわ感動。。。

 

だって、blogって何!?mixiって何なの!?!?っつう大学時代にドキドキしながらアメブロを始めたのに、

今、サイト立ち上げて自分だけのサイトでblogを更新するなんて考えてもいなかった・・・。

 

高校時代は「情報処理」は散々やったし、

大学時代、キーボードで「で」が打てなくてレポート誤字だらけ。

今はちゃんと「d e」で「で」って打てるのを知っていますよ!

 

っていことで、

学生時代と変わって大人になった僕が改めて世界に発信します!

世界に!って、、、日本語やけど、頑張ります。。。

 

追伸:海外の個人サイトとかギャラリーサイトとか見てたら朝になっちゃいました。

「日本語に翻訳する」っていうgoogleの自動翻訳、、助かるわぁ~。